So-net無料ブログ作成
検索選択

迷宮で出会う [モロッコ編]

P1040878.JPG

アラビアンナイト

P1040860.JPG

すれ違うベルベル族の人たちがみな

ありばばにみえる

 

P1040872.JPG

そんなエキゾチック体験

してみたい

P1040861.JPG

すごい迷う

P1050025.JPG

世界最大の迷宮__

モロッコとゆう国の

フェズの旧市街

P1050073.JPG

九千の道と

二千のモスクがあるとゆわれる

 

 

この街で巡り合った一冊の本

guest house本棚に何気なく転がっていた日本語の本

その名も ”Walk on the Wild side

DSC05831.JPG

人生はめちゃくちゃな目標を立てるとたのしくなるらしい

”人生の100のリスト”

 「メッカに巡礼に行く」「ギリシヤの島に住んで小説を書く」「言葉の通じない女性と恋をする」「ポカラを一周する」「阿片屈で一夜を過ごす」「プロのギャンブラーになる」「ガンジスで沐浴する」「A級ライセンスをとる」「南太平洋の島に家を建てる」「サロンを作る」「刑務所に一度は入る」「理想郷を見つける」「作家になる」

とっても馬鹿みたいな目標ばかりだけども、体の底からエネルギーが沸き起こってくるのを感じたらしい。この人は以後数十年かけて、リストの半分を実現した。とんでもない豊かな人生になりましたーとゆう、自験伝。当時、人生のレールの上に乗ったばかりの僕にはこの作家の人生が衝撃的に映ったものです。羨ましかった。なにか1つのことをやるのも一筋縄ではいかないと思います。いま僕がやっていることもずーと続くだろうし、終わりはない。でも、冒険心は忘れずに生きていきたい、って思わされました。広い価値観があるのを忘れずにいたい。色んな面白い人がいるし出会いたい。リスト作りたい(笑)。そこからが本当の人生なのかも。なんかどんづまった時に、オススメの一冊です。解放されるかも。

 

P1040908.JPG

夜が明けても

すごい迷う

 

 

 


nice!(39)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Aux Champs-Elysées ♪ [フランス編]

20081031_10.JPG

街を 歩く 心軽く 誰かに会える この道で
素敵な あなたに 声を かけて こんにちは僕と行きましょう


20081031_11.JPG

オー シャンゼリゼ オー シャンゼリゼ
いつも 何か 素敵な ことが あなたをまつよ シャンゼリゼ


20081031_18.JPG

あなたを 連れて 遊びに 行こう みんな集まるあのクラブ
ギターを 弾いて 朝まで 歌う 楽しく騒いで恋をする



20081031_52.JPG

オー シャンゼリゼ オー シャンゼリゼ
いつも 何か 素敵な ことが あなたをまつよ シャンゼリゼ


20081031_223.JPG

20081031_230.JPG

パリジェンヌ.jpg

きのう までは 知らない どうし 今日から二人恋人
道を 行けば 世界は ゆれて 愛するあなたと私のため

20081031_233.JPG

オー シャンゼリゼ オー シャンゼリゼ
いつも 何か 素敵な ことが あなたをまつよ シャンゼリゼ


20081031_6.JPG

オー シャンゼリゼ オー シャンゼリゼ
いつも 何か 素敵な ことが あなたをまつよ シャンゼリゼ


20081031_92.JPG


20081031_72.JPG

 

 あなたをまつよ シャンゼリゼ ♪




永らくおヒマを頂戴しておりました。
なかなか忙しい毎日ですが、より内容のあるブログを目指してがんばりたいと思います。
皆様にはまたご交友頂ければ幸いです。

たまにはヨーロッパということで、秋のパリをご賞味ください。
一人ぽツンと綺麗な街並みを歩き、ずーっとオーシャンゼリゼが頭の中に流れていたのを思い出します☆

 

 

 

 


nice!(30)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Neo Universe ☆ [カンボジア編]

図4.jpg


チョムリアップ・ソー(こんにちは!)

ようこそ、カンボジアへ!

図7.jpg


トンレサップ湖のほとりの

小さな漁村で出会った子供たちは

図2.jpg


十数年前までこの国が内戦下にあったことを、

忘れさせてくれる。

図3.jpg


抜けるような青い空、

青い水。

図6.jpg


この国には、戦争の傷跡が深く刻み込まれている。

大地にも、そして子供たちの体にも。

図1.jpg




カンボジア。
長く、暗いトンネルを潜り抜け
命の安かった時代は、確実に終わり
決して豊かではないけれど、
人々は笑顔と共に暮らし
街は賑やかです。

とびっきりの笑顔に、出会える。


いつか、世界中の国がそうなる日が、来るだろうか。

図8.jpg



 




 

図5.jpg



 

ボクが、世界の中心☆















nice!(42)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヒマーラヤ ~雪の住処~ [ネパール編]

P1000838.JPG



遠く、静かにそびえ立つ

その、勇姿に魅せられ、ここまで来た


図2.jpg



 

ヒマーラヤ

”雪の住処” という意味だ



遠い昔から、ネパールの人たちにとって

特別な意味を持つ聖地である



古くは、仏が前世にこの地に座し、修行をし

現在は、シヴァ神が暮らす



P1000821.JPG




神々の台座である


P1000843.JPG


窓辺の椅子にもたれ


図4.jpg


P1000823.JPG



その時の来るのを、待つ。


 


図3.jpg


まもなく、夜が明ける



図1p.jpg



しばしこの、

白銀の世界に、見入ろうか。












nice!(42)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

幻想の都 カトマンドゥ [ネパール編]

P1000739.JPG


旅も佳境に入ってきた。


P1000751.JPG



ベナレスからバスで一日半

国境を越え辿り着いた、祈りの都。


インドからこの地へやってくると、とてつもなくホッとするのは、なぜだろうか。

沢木耕太郎も言っていたが。

我々と顔が少し似ている?

信仰心からくる、ある種の落ち着いた物腰のせいだろうか?


いや。

いつかどこかで、この風景を、みていた。

P1000728.JPG


ネパールの人々は、ヒンドゥー教と仏教を同じように信仰し

分け隔てなく奉る。


P1000902.JPG



同じ広場、建物の中に、

シヴァ神と仏陀が、同居する。

 

神々が

ある種異様な、迫力で眼前に迫ってくる。

 

何が嘘で、本当か。

図1.jpg



遠く金色にかすんだ丘の上から

夜の帳が降りてくる。


P1000755.JPG


ここは夢か、幻か。


P1000745.JPG



P1000742.JPG




今宵はこの、暗闇の迷路の中で



 

カトマンズ.jpg



懐かしいあの人に

出会うかもしれない。

















nice!(60)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

メコンの国 ~ルアンプラバン~ [ラオス編]

図6.jpg



朝霧に包まれた川辺
ヒタヒタヒタ、ヒタヒタヒタと  遠くから足音が聞こえてくる

托鉢の僧侶たちだ


朝の澄み切った空気と、その静かで素早い足音に、こちらの身も引き締まる

図8.jpg

 



 

図1.jpg

 

ここは世界遺産都市、ルアンプラバン

母なるメコンの恵みを、その身いっぱいに享受し
仏教を生活の骨格とする、信仰の街である

図9.jpg



坂を下ると、いつでも雄大なメコンが迎えてくれる



 

図2.jpg



タイ、カンボジア、ベトナムと、インドシナ半島を渡り歩いてきた旅人たちが
つかの間の安らぎを得る場所でもある

図10.jpg



川岸のカフェで時を忘れ、またビールの潜を抜く
これがラオスの過ごし方だ☆

図4.jpg



朝、夕と、さまざまな表情を見せるメコン川

図3.jpg


寺院から読経が聴こえてくると
”今日も、一日が終わったなぁ”と、思う。













nice!(58)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

摩訶不思議☆Indiaの国① [インド編]

図5.jpg


インドには ”インド時間”というものがあるらしい。
我々の感覚では到底理解しがたい、Slowlyな時の流れのことである。


case1
空港までタクシーで行きたかった日のこと。
”ヘイ!そこのジャパニーズ!そんなデカイ荷物でどこ行くんだ!?乗ってけ乗ってけ。”
”空港まで。時間がないんだ。”
”オーケーオーケー、ノープロブレム。だけどダンナ、頼むから俺に5分だけ時間をくれよ。”
そういって、目の前にあった小汚い喫茶店(?)に入り、おもむろにチャイを飲みだすインド人。
”やっぱここのチャイは格別だぜ!”  キラッ☆

図2.jpg


case2
”おーい!そんなに急いでどこいくんだ!?乗ってけ乗ってけ!”
”空港まで。ほんとに時間がないんだ。”
”オーケーオーケー。まかせておけ!”
そういって僕を後部座席に乗せ、突然ボーンッ!!とボンネットを開けるインド人。
”すぐに直してやるから、心配すんな”  キラッ☆


図4.jpg


case3
はじめてインドに着き、心細くストリートを歩いてた日のこと。
”やあ、そこの日本人。どっからきたの?”
”あ、日本語じょうずですね。福井です”
”ああ、福井ね。しってるよ。鯖江かどっか?”
”・・・・”
やたら日本に詳しい。


図1.jpg


case4
流れ行くインドの人々を眺めながら、ゆっくりとストリートを歩いてた日のこと。
5m先を歩いてたおっさんが、突然自らのスカートをまくし上げ、しゃがみこむ。
どうやら、うん〇をしているようだ。。。

(自由だなぁー・・・)
悠久なる、インドの時間を感じる瞬間である。


図7.jpg



図6.jpg



図8.jpg


 




 

図3.jpg

しかし世界一美しい建造物があるのも、インドである。

ふしぎだなぁ、インド。




 

☆インドは複雑な社会背景を持った、非常に奥深い国です。
今回の記事では、インドのごく一部を描写してますが、不快に思ったインド出身の方いたら ごめんなさい。
インドのことはまた書こう思います。

そしてこのブログ、方向性がまだ決まらないようです 笑                                                                            

                                                    RYU-BI














タグ:旅 インド
nice!(53)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

香格里拉 ~シャングリラ~ [中国雲南省編]

図7.jpg


しっとりとした雨につつまれた

 

 

図10.jpg


ここは、実りと彩りの大地

 

 

図11.jpg


シャングリラ

 

 

図8.jpg





 

 

図9.jpg


やわらかく

 

 

図4.jpg


力強く、生きる人の

 

 

図6.jpg


祈りが今日も、聴こえる

 



 


nice!(55)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

野生の側を歩く [旅のはじまり]

P1050435.JPG



世界は広い(たぶん)

そんなあたりまえのことに、最近気づいてきた


こころの赴くままに、魂の信じるままに生きた人たちがいた

野生の側を歩いてた


P1020273.JPG



自由に歩こう!


図2.jpg



旅がくれたもの

それはひととの出会いであつた


”タフに、自由に生きな”  そーゆーふうに教えてくれた


P1020221.JPG



肩肘張らずに、らくにゆこう

好きな場所で、おうもうがままに

ずっとワクワクしながら、生きてゆこう


P1050453.JPG



ワイルドサイドを歩け!










みなさん、はじめまして

なんだか壮大なテーマを掲げてしまいましたが、
ただ旅っていいねってゆいたいだけのブログです(^^;)
数年前モロッコを旅していて、あるゲストハウスの本棚に1冊の本が転がっていました
その名も”ワイルドサイドを歩け”
主人公である著者の自由で、めちゃくちゃで、ワイルドな生き方に当時とても夢中になったものです
本ブログの題もそこからつけさせていただいています

僕もこれまでにいろんな国を旅してきて、いろんな人と出会ってきました
そして自分の脳内では考えもつかないような、素敵な生き方をしている人たちがいました

でも、自由に生きるって、ほんとはすごく大変なことなんだと思います
周りを説得しなきゃいけないし、食ってかなきゃいけないし、選んだ道こそがイバラかもしれない
だからこそ、それを実践していた人たちのすごさを感じるわけでありますハイ

このブログでは、これまで撮った旅の写真を紹介することでその国の魅力が伝わればいいなあと思います
そこでの出会いやエピソードなんかも少し書ければいいなと思っています
チョコットづつですが

みなさん、よろしくお願いいたします!




                            2009/9/6 ブログ開設に際し  RYU-BI






nice!(39)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る